品川区で記帳代行、経理代行を承ります
品川区で記帳代行、経理代行をご検討の際はぜひご連絡ください
品川区で記帳代行、経理代行を行っている税理士法人原・久川会計事務所では、最新のクラウドによる財務データ提供など最新のツールで記帳代行、経理代行をご提供しております。ぜひご連絡ください。

品川区で記帳、経理の代行はお任せください。

品川区で中小企業や個人事業主様の記帳、経理代行をお引き受けしています。経営者は、記帳や経理の仕事は、代行に依頼して、顧客や商品について、時間の8割を投下すべき、と言われております。簿記会計の知識がない中で効率も上がらない方法で記帳や経理を行うことは、致命的なロスでもあります。企業の成長には、まず、営業に時間を投下しなければ、新しい顧客とも出会えません。営業活動のための時間を、記帳、経理の代行で、作り出しませんか?

品川区で記帳、経理の代行を活用しましょう!

元国税局の経験

税理士は元国税局のB税理士が責任持って行います

記帳、経理の代行を行うのは税理士事務所です。

その税理士事務所の責任者は、東京国税局のOB税理士で、税金や税務申告、税務調査には圧倒的な経験と知識があります。従いまして、記帳代行と合わせて、税務顧問契約をする事業者様が圧倒的に多いです。

民間企業が行う記帳の代行サービスでは、税理士の業務は行なえませんので、税務顧問を一緒につけることができず、いざというときも、安心な税務相談を行うことができます。

決算や申告を依頼する税理士がいる場合でも、記帳の代行、経理の代行は行うことができます。その場合には、決算や税務申告は従前からの税理士に依頼して、当方では記帳、経理の代行だけをお引き受けすることになります。

現在、会計ソフトを導入されて、ライセンスを毎年更新、ライセンス料を支払って導入している場合でも、記帳、経理の代行を依頼する場合には、多くの場合、ライセンスを使う必要がなくなります。当事務所の基本会計ソフトは弥生会計ですが、圧倒的なコスパがありますため、仮に会社でライセンスを持って、会社のPCにも会計ソフトを入れておく形でも、多くの場合より費用は安く済みます。

アップル、グーグルなど米国の企業は、コアな業務以外は外部のアウトソースを活用していると言われています。日本でも、人件費の高騰、採用難、このような環境の中で、自社で記帳、経理を行うことは、人件費も増え、採用募集師もうなぎのぼりになりかねません。ぜひご検討ください。 ​

クラウドの活用

クラウドを使った経営分析もご提供します

当事務所の記帳、経理の代行では、今話題の、クラウドを活用します。

もちろん、クラウド会計ソフトを活用したい、ということであれば、それもできますが、多くの記帳、経理の代行の場合では、記帳は当方で行いますので、事業者様側には必ずしも会計ソフトの導入は必要ありません。

領収書などの資料をお送りいただき、当方で経理をして、月次試算表をお戻しするわけですが、通常は紙の試算表のところを、当事務所では、インターネットブラウザーからログインして、クラウドプラットフォームでご覧いただく形となります。

クラウドプラットフォーム(bixidというシステムです)では、仕訳帳、総勘定元帳まですべての会計帳票を表示させ、プリントもできますので、今月かかった費用の原因を調べることも、一つ一つの仕訳が総勘定元帳で見られますので簡単です。

クラウドプラットフォームでは、会計帳簿の閲覧、印刷だけでなく、会計数字の活用のための様々な機能が実装されており、触って活用いただければ、財務数字に強い経営者になることができます。ビジュアル、カラフルなさまざまな図表も用意されており、このシステムは、会計ソフトの数字ではありますが、会計ソフトとは連動していませんので、触っても壊れません。どんどん、会社数字に触っていただけるシステムです。スマホにも対応しております。ぜひご活用ください。

ACCESS

品川区で確定申告を依頼できる税理士法人原・久川会計事務所への詳しい行き方です

品川区で確定申告の委任をお考えでしたら、朝9時から夜6時まで営業の税務や会計業務のほか、集客支援マーケティングや企業の資金調達のお手伝いをする、税理士法人原・久川会計事務所へお問い合わせください。確定申告を受任し、品川区の戸越銀座駅より徒歩約5分の場所にあるので便利です。
税理士法人原・久川会計事務所写真
会社名 税理士法人原・久川会計事務所
住所 東京都品川区平塚3-4-17
電話番号 03-6410-4418
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝日(予約の場合は対応可)
最寄駅 東急池上線戸越銀座駅・都営浅草線戸越駅
お気軽にお電話ください
03-6410-4418 03-6410-4418
9:00~18:00
東京都品川区平塚3-4-17

採用募集費をかけても回収できない・・・

採用難の時代、経理担当社員を採用することは大変です。

処遇は上げることが難しく、人材も玉石混交で短期間に退職してしまうこともしばしば。そのたびに採用募集費も膨れ上がっていきます。

まさに好景気が三重苦とも言えます。

ぜひ記帳、経理の代行を検討してみましょう。

確定申告

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。