BLOGブログ
BLOG

確定申告するのはいくらから?

2020/07/13
確定申告は、個人事業主の方やフリーランスの方が主にするイメージですよね。
会社勤めの方は会社がしてくれることがほとんどですが、副業をしていたり、複数から給与をもらっている場合は確定申告しなければならないこともあります。
自営業の場合や会社務めだけど副業をしている場合、確定申告はいくらからしなければならないのでしょうか。
▼個人事業主の場合
自営業などの場合、年収から経費を差し引いた年間の所得が38万円以下であれば、所得税はかからないので確定申告する必要はありませんが、それ以外の場合は確定申告をします。
▼給与所得者で確定申告が必要な人
会社員で会社から給与をもらっている人でも確定申告しなければならない場合もあります。
■複数の会社から給与がある人
2か所以上から給与をもらっている人で、年末調整していない給与と他の給与の所得が20万円超えた場合。
■年間収入が2,000万円給与がある人
年収が2,000万円超えている場合、年末調整の対象外になるので自分で確定申告します。
■給与以外で20万円の副業収入がある人
アルバイトや副業などで年間20万円を超えた場合など確定申告が必要です。
これらに当てはまる方は確定申告をしなければなりません。
▼還付金を受けれる
会社務めで年末調整で確定申告をする必要が無い方でも、還付金を受けれる場合があります。
■医療費控除
入院や通院、薬などにかかった医療費が、年間10万円を超えた場合
■住宅ローン特別控除
年収が3,000万円以下の人が対象で、住宅ローンで家を購入した場合
■寄附金控除
ふるさと納税をした場合
■雑損控除
災害や盗難で被害を受けた場合
▼確定申告しなかった場合
確定申告をしなければならないのにしなかった場合は脱税行為にあたりますので、必ず確定申告を行いましょう。

個人事業主・会社員でそれぞれ異なります。基本的に会社務めの方は確定申告をすることはありません。
ですが、年収や複数から給与をもらっていたり、副業で稼ぎが合った場合は確定申告の義務があります。