BLOGブログ
BLOG

人間関係や人の縁を良くする方法

2020/06/29

皆さんこんにちは。

人間には、人の縁が良い人と、そうでない人がいる、と仮定しますね。人の縁が良い人は、人生は大変歩みやすいものなので悩みなくすすめるでしょうね。

そうでない人にとって、ときによっては、人生は大変です。上司と性格が合わない、職場の人と合わない、ママ友と合わない、配偶者と合わない、大変なことです。

女性の方は、男性よりも、人間関係の処し方が自然体で上手いことが大半ですが、逆に、そうした人間関係の処し方が上手い人の中に入って、逆に辛い、しんどい、そういうことも少なくないのではないでしょうか。

話は変わりますが、第2次安倍政権で、デフレ脱却を旗印にして経済政策を行った際に、麻生財務大臣は、「デフレの脱却には、我々は、(世界各国の経済政策も含めて)処方箋と言えるものは高橋是清内閣の時の経済政策しかないので、それを基本にして取り組む」と言ったとされています。

では、人間関係が流れが良くない人の処方箋はどうでしょう?これはお薬も治療もないでしょう。自身の力で理詰めで解決できる人は少ないのではないでしょうか?

昔の人は、おそらくは、神社仏閣に祈願して信心をすることで、人の縁をよくしようとしていたと思います。もちろん、日々の縁の中で、お客様は神様、として、大切に縁をつないでいくこともしていたとは思いますが、

人の縁は、目に見えないところの力が、影響が大きいと私は思っています。理詰めで相手を説き伏せても、よい関係になれないものです。家族でも、顧客でも。

目に見えないところを動かすことの一つとして、昔の人は神社仏閣に参拝参詣して、祈願していたのではないでしょうか?

別の言い方をすれば、外に向かって人の縁を解決しようとしても、なかなか、解決できない、と皆さんも感じていると思うのですが、結果から言って、自身が変容する、変化するほうが、結果に近いのだと思います。

自分自身が変わること、これは、自力ではできません。他の人の他の知見のある人のサポートが必要。見えない世界の応援を得るには、見えない世界への健全な働きかけ、古来からある方法を言えば先祖供養などが代表的なものですが、そういう取り組みが必要となります。

一つ一つ、自分を知り、先祖を敬い、自身が変われるための行動を選択していけば、自分を変えることはおそらくできます。飛脚の通信しかなかった時代ではなく、今はスマホの時代、その種のスピリチュアルの世界も、大変効率的なものも多くなっています。

ぜひ、事業の前に個人の人生を良くすることを考えてみてください。人間関係、人の縁を良くすることを考えてみてください。

皆様の幸福をお祈りしております。