BLOGブログ
BLOG

相続の相談で考えるべきこと

2020/06/23

皆さんこんにちは。

相続のこと、何から始めるか、いろいろあると思いますが、今回は遺言について書かせていただきます。

遺言がない場合には相続人が協議して、誰が何を相続するのか決めることになります。

すんなり決まればいいですし、揉めることがあるのも現実。揉めるケースについては、財産が多いときではなく、むしろ少ないときのほうが揉める、裁判で争うようなことが多いので、気をつけたいです。

これは、財産が多ければ、それぞれの取り分も多くなりますので、不満が生まれにくい、ということかもしれません。

少ない財産だと、例えば、自宅土地建物は分けようがない。預貯金と合わせてもうまく分けられないから不満が残る、出る。そういうところに加え、相続が発生した時点では、相続人様にもすでに様々な人生の事情が起こったおられることが多く、離婚している、先立たれている、障害のあるお子さんがいる、住むところがない、いろいろな事情を相続分割に持ち込まざるを得ない事情、これが争族の原因となってしまいます。

従いまして、遺言はしておいたほうがよい。

遺言があれば、遺言に従って相続財産が承継されていくことになりますので、争いようがない。

もちろん、合意すれば遺言と異なる分割もできないわけではありませんが一般的ではありませんので。

ぜひ、遺言を検討してみましょう。

相続のご相談は、品川区、目黒区、大田区、港区、世田谷区エリアで多数対応している当事務所にご相談ください。