BLOGブログ
BLOG

事業をスタートするなら

2020/06/22

皆さんこんにちは。

リンダ・グラットン先生のご著書、「ライフ・シフト」のとおり、人生は長くなっている。通常の企業での定年も伸びてはいますが、誰しもが定年延長してもらえるかといえば、まだそこまで行かない。

老後、しばらくはご子息の学費や結婚、扶養などで持ち出しが多く、一般的な退職後の無年金期間では収入不足、であろうと思います。

相当に早い段階での対応としては、米ドル建ての個人年金の生命保険に入り、5年間程度の無年金期間の収入不足の対処もできますね。

老後に一定の起業をすることも一つの選択です。

経験を積んでこられた分野で、小さなビジネスを買い取って参入したり、個人事業から退職金を元手に開業したり、事業をしていくことは、もちろんリスクもありますが、生きがい、収入、人間関係、自分の存在意義を見失わない、そういう複数の得られるものはあると思います。

お勤めをしていたことによる経験値は色々役に立つと思います。しっかりと準備をしてスタートすれば、一定の結果は作ることができると思います。

大事なことは、色々ありますが、お客さまのニーズをどうやって拾って、お仕事を発注していただくか。マーケティングと思います。ウエブでやるべきこと、アナログでやるべきこと、人間がフェイスでやるべきこと、そのあたりをよく交通整理して、動いていく、必要な投資をする必要はあると思います。

配偶者の方と一緒にやることも大変に良いことと思います。幾分、そういうストレスといいますか、他の人の意見が入ったほうが、結果は良くなると思いますので。

ぜひ、開業や会社設立の際は、お相談ください。