BLOGブログ
BLOG

高齢の親御様にご注意ください

2020/06/19

皆さんこんにちは。

当税理士事務所では、相続税申告など相続に関するご相談を多数お引き受けしております。

ご注意いただきたい点を今回はお書きします。

それなりに財産形成をして、金融資産をお持ちの方の場合、振り込め詐欺、というものはご注意頂く必要がありますが、

今回は詐欺は詐欺でも、原野商法詐欺についてです。

かなり昔からあるのですが、今でも行われています。

使う価値の乏しい原野などの土地を、今後値上がりする、買い手がつくというような巧妙な騙しで、売りつけるというもの。

もちろん、刑法犯であり、告訴もするわけですが、だいたい回収、返金することは難しい手合が多いです。

一旦購入してしまった原野は、処分することがまずできません。

なぜかというと、利用価値がないので、買う人がいないのです。

市区町村役所でも、無用の土地の寄贈は受けません。管理責任が出てきますので。そういう出口は、手の離し方はない、とご理解ください。

唯一、可能性があるのは、隣地の所有者への売却、元の所有者への売却、ですが、これは、その人が買い受ける意思がなければ成立しません。

かなりの遠隔地の物件が多いので、交通費等、折衝にもかなりの手間も費用もかかるでしょう。

ご自身で行うことも難しいですから、地元の不動産業者を使って折衝するしかなく、通常は、仲介手数料は売却価額から支払える範囲なのですが、こうした無価値物件を売却するには、売っても二束三文なので、売るための費用を数十万円手出しする覚悟が必要になります。それでも買い受ける人がいなければ、売ることは不可能です。

その後の相続でも、原則は相続人に相続されていきますし、わずかな額であっても、固定資産税の賦課は永久に続きます。

どうかこうした詐欺商法に巻き込まれないように、高齢な親御様の財産管理をしっかり行ってください。法的には成年後見人をつけることではありますが、まずは、当方にご相談いただき、家族信託などが有効で、活用可能な場合もあるかと思いますので、いくつかの選択肢の中から、ご判断いただくことがよろしいと思います。

一人で悩まずにご相談くださいませ。